善積農園とは

とにかくリンゴが好き。
大好きなリンゴに囲まれて暮らしたい。
「美味しいね」の幸せを分かち合うため、
愛情たっぷり育てています。

Map

信州 南アルプスの自然に抱かれて

善積農園は、善積湖戯人・峰子と先代園主・善積純子が中心となって運営しているリンゴ栽培を中心とした農園です。

リンゴづくりは、中央アルプスと南アルプス、ふたつのアルプスの山麓に囲まれた、長野県宮田村で行っています。
畑から見えるのは中央アルプス最高峰の木曽駒ケ岳、そして南アルプスの仙丈ヶ岳…それはそれは立派な3000m級の山々。そして村の東には天竜川。高原の風吹くさわやかな夏の日も、空気が凍る冬の日も、雄大な山々と清らかな川の流れ、そしてどこまでも広く青い空に見守られ、善積農園のリンゴは今日もすくすくと育っています。

善積農園のはじまりのお話

はじまりは1999年・春。 先代園主・善積純子が大好きなリンゴと踏み出した“第二の人生”でした。
2006年からは、私たち息子夫婦も加わり、リンゴの収穫量を増やし、お米づくりもはじめました。

ここアルプスの山々に囲まれた豊かなこの地で、日々、私たち自身が毎日いくつも食べたくなるくらい美味しくて、食べるほどに元気になれる安全なリンゴづくりを目指し続けています。

20人から1000人へ

当園の最初のお客様は、純子の身内と近しい友人20人でした。
収穫したリンゴたちを大事に箱詰めしてお送りすると、各地から「美味しかったよー!」のうれしい声が届きました。

友人からまた友人へ…小さなお客様の輪は、ご紹介を介して少しずつ広がり、今では全国1,000人以上の方々が当園のリンゴを楽しみにしてくださっています。

−−善積農園の創業から、2019年で19年。
みなさんに満足していただけるものをお届けできるよう、家族会議を繰り返し、改良を繰り返しながら、毎日リンゴを作っています。

善積農園の歴史

●1949年頃
先代園主善積純子の幼少時は身体が弱く、母の作る「すりおろしりんご」がりんごとの出会いだった。

●1982年~1990年
善積純子 京都市内のお寺の境内で「お茶所」と学習塾を営む。

●1998年
息子湖戯人の大学卒業を境に、母純子も好きなことをと、就農を決め、愛犬カナを連れて長野県農業大学校入学。
(犬連れの寮生は初めてだったそう)

●1999年
長野県上伊那郡宮田村にて善積純子が「善積農園」をスタート。
友人知人へりんごの出荷を始める。りんご畑便りもこの頃から書き始める。
→りんご畑便りへ

●2006年
湖戯人・峰子 農園に参入。
3ヶ月の娘を連れて京都から移り住む。
お米も本格的に作り始める。

●2007年
「若い人が来たというんで、うちの畑やってくれんかね」と高齢で離農される方から声がかかり、りんご畑の面積が7反(70a)から1町4反(140a)に一気に広がる。
大豆も作り始める。

●2008年 子どもの絵を活用した「予約案内書」を作り始める。
→予約案内書へ
大豆の栽培も開始。

●2012年
初の畑イベント
「りんご畑LIVE 秋の幸せ色」開催
http://yoshizumi.blog52.fc2.com/blog-entry-1026.html

↑奥村歳子さんの金賞作品写真(2013年)

●2013年 2014年
林檎写真コンテスト 開催
→2013年受賞作品
http://yoshizumi.blog52.fc2.com/blog-category-15.html
→2014年受賞作品
http://yoshizumi.blog52.fc2.com/blog-category-18.html

●2014年
リンゴ収穫祭
りんご狩り ・ジャズのステージ・「土ころ」のパンや特製弁当の販売などを畑で行う
https://www.facebook.com/pg/yoshizumi.noen/photos/?tab=album&album_id=1003752876318407

●2015年
リンゴ収穫祭
京都meets信州をテーマに開催
http://yoshizumi.blog52.fc2.com/blog-entry-1314.html

●2015年~
吉祥寺「りんご市」暮らしと食べごと ふたつの木にてスタート
https://peraichi.com/landing_pages/view/ringoichi

●2015年
長野ADC審査員賞受賞 当園の広告・パッケージがデザインの賞をいただく。
http://yoshizumi.blog52.fc2.com/blog-entry-1315.html

●2016年
雑誌「BRUTUS」のフルーツ特集に掲載される。
他にも雑誌掲載やプロの料理家にリンゴを使っていただく機会が増えてくる。
http://yoshizumi.blog52.fc2.com/blog-entry-1372.html

●2018年
代表者変更
善積純子から息子の善積湖戯人へ代替わり

基本情報

屋号 善積農園(よしづみのうえん)
代表 善積 湖戯人(よしづみ こぎと)
創業 1999年
従業員数 7名(パート含む)
栽培作物 主にりんご その他米、大豆、小麦
栽培面積 りんご: 140a ほか
住所 〒399-4321  長野県駒ヶ根市東伊那601
(園地は長野県上伊那郡宮田村)
定休日 土日祝日・夏季・年末年始
(生果の発送は定休日を設けず随時行います)
電話 (0265)83-1674
FAX (0265)96-0680
Email mine@yoshizumi-noen.com
ウェブサイト http://yoshizumi-noen.com